日本拳法とは (About NIPPON KEMPO)
 |Ehime |Nippon Kempo |KATA basic subject |Organization |
 |Dojo guidance |Introduction |Report |Record |Collection Guidance |Goods |Gallery |Support |Sponsor |Link |
About NIPPON KEMPO First time Management
  ・日本拳法とは (About NIPPON KEMPO)
 日本拳法80周年記念プロモーションビデオ
  (Promotion video of the 80th anniversary of Nippon Kempo)
 日本拳法は、故・澤山宗海宗家が昭和7年に日本で初めて防具着装による実戦の拳法を創始されたことにその歴史を発しています。安全な防具を着装することにより、突き・蹴り・投げ・逆捕りのすべての実戦練習が可能となり、格闘技の神髄を追求すべく日本拳法が誕生しました。
 従来、突き・蹴り技は格闘技の歴史の始まりである古代相撲においても戦国時代の武家の体術である柔術においても重要な決め技であったのですが、安全性を重視するために次第に禁じ手とされてきました。
 また中国から沖縄に渡来して発展した唐手もその強力な打撃力のため、形稽古または寸止めにての組手稽古をせざるを得ませんでした。剣術が江戸時代に防具が創案されてから飛躍的にその技術が発達したのと同様に、日本拳法も突き蹴りの実戦の拳法をみがくために必然的に発生した武道と言えます。
   
 現在の日本拳法は三本勝負法で勝敗が決せられます。つまり、二本先取した方が勝ちとなります。この一本は防具着装部(面・胴)に形にのっとった強烈な突き・蹴りが決まった場合に認められます。この認定は公平を期する為に3人の審判員の2人以上の認定を必要とし、観客に分かり易くするために審判員の意志表示は旗によって進行いたします。また次のような場合も1本と認定されます。
 一.相手の身体を組み敷いて、形どおりの空突き・空蹴りを決めたとき
 一.逆技を決め、審判が認めるか相手が参ったの意志表示をしたとき
 一.相手の体を自分の肩の高さ以上に持ち上げたとき
 一.相手が故意に場外に逃げだしたとき
(大会パンフレット「日本拳法解説」より引用)
  ・日本拳法の勝ち技 〜搏撃編
 日本拳法の勝ち技 〜搏撃編
 日本拳法の試合で最もよく見られる攻撃技は、パンチとキックです。つまり、拳で殴って、足で蹴る。ヒジやヒザも使えます。
 狙うのは、面金や外胴で、この部位に実際に当てる攻撃(突き・打ち・蹴り)を搏撃(はくげき)といいます。  それ以外の部位は、空撃です。当ててはいけません。
 また、一定の条件を満たせば、本来搏撃とするところも空撃で一本が認められます。
 
 実撃 搏撃(はくげき)
突き、打ち、蹴りによって、防具に強く加撃します。
(ヒジ、ヒザでの攻撃には、この条件は適用されません。)

【一本の条件】
 A、Bいずれかで一本になります。

A.次の条件を満たしたとき
 1. 所定の部位に命中し、「決め」があり、残心がそなわっている
  ※決め…気合いが充実し、相手を撃倒する撃力と冴えがある
 2. 相手の受け手または手足などに防がれていない
 または相手の受け技が弱すぎて、受けとは認められない
 3. 意思のある加撃で、まぐれ当たりでない(無意識の意思による加撃はあり)

B.連撃で相手を圧倒したとき
 
 空撃 空撃(くうげき)
いわゆる寸止めで、当てない攻撃です。 (ヒジ、ヒザでの攻撃も含みます。)

【一本の条件】
 次のいずれかで一本になります。

 1. 相手の蹴り足をとらえて、股当ての部分に、空撃で正しく蹴り返しの技形をとる
  →股蹴り(またげり)
 2. 倒れた相手の面に、空撃で正しい技形をとる
 3. 相手を制し、所定の部位以外の急所に、空撃で正しい技形をとる
 4. 面蹴りに空撃で正しい技形をとる
 
監修:日本拳法連盟審判部 2011年2月  

Nippon kempo Ehime Fight Diary
日本拳法 今治拳友会Nippon Kempo Imabari Kenyuukai