6) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai) Back Nexit
 愛媛新聞2014_10
全・日本拳法総合選手権
田村(今治拳友会)連覇男子小2
井出(今治拳友会)初V女子小3

  全・日本拳法総合選手権が9月14日、大阪市中央体育館で行われた。性別や年齢別に男女22部門の個人戦があり、約560人が参加した。
 愛媛勢では今治拳友会の3人が入賞。男子小学2年の部に出場した田村虎太郎が2年連続優勝、女子小学3年の部の井出七星が初優勝を果たした。同6年の佐伯朱音は3位に入った。
(2014(平成26)年10月 4日(土)付 愛媛新聞)
 5) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 愛媛新聞2014_01 愛媛新聞2014_01
 愛媛新聞2014_02 愛媛新聞2014_01
集まれ!キッズ
日本拳法「今治拳友会少年部」今治市

 「エイ、ヤー」と元気な声を出しながら突きや蹴りを繰り出す。今治拳友会(村上泰史理事長)少年部では、幼児から中学生までの35人が週3回の稽古に精を出している。
 日本拳法は日本発祥の格闘技。防具を着けて突きや蹴り、投げ技などで勝敗を決める。大学時代に打ち込んだ村上理事長(52)が地元で広めようと2007年に同会を創設し、08年に県内初の少年部が誕生した。
 稽古は今治西中学校の柔剣道場を借り、1回約1時間半と短いため、村上理事長は「子どもたちが集中できるよう、時間をこまめに区切って一つ一つの技に取り組んでいる」と話す。
 全国大会優勝者を昨年初めて輩出するなど実力も急上昇中。5歳から通う日高小学校4年田村百萌さん(10)は「防具を着けて戦うのが面白い」と目を輝かせる。
(2014(平成26)年 2月 5日(水)付 愛媛新聞)
 4) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 寒稽古で掛け声に合わせ、突きを繰り出す道場生 「今治拳友会」
波打ち際で寒稽古励む
今治拳友会
30人 日の出前から

 波打ち際で寒稽古励む 今治拳友会 30人 日の出前から  寒稽古で掛け声に合わせ、突きを繰り出す道場生  寒さに負けない気力と体力を養おうと、今治拳友会は1日、今治市東村1丁目の織田が浜海岸で寒稽古をし、小学生から50歳代までの道場生約30人が心身を鍛えた。

 寒稽古は今治拳友会が3年前から実施。1日は日の出前の午前6時すぎ、道場生たちが砂浜を20分ほど走った後、はだしになって稽古を開始。掛け声に合わせ、突きや蹴りなどを繰り出していた。
 東の空が明るくなり始めると、大人たちは海に入り、子どもたちも波打ち際に移動して稽古に励んだ。
 日高小3年宮崎萌子さん(9)は「普段はできない練習なので、足が痛かったけど頑張った。今年は週3回の練習を休まずに行きたい」と目標を語った。
(2014(平成26)年 1月3日(金)付 愛媛新聞)

活動記録 (Media)
 |Ehime |Nippon Kempo |KATA basic subject |Organization |
 |Dojo guidance |Introduction |Report |Record |Collection Guidance |Goods |Gallery |Support |Sponsor |Link |
Record Media Newspaper Magazine News TV Radio
Nippon kempo Ehime Fight Diary
日本拳法 今治拳友会Nippon Kempo Imabari Kenyuukai