活動記録 (Media)
 |Ehime |Nippon Kempo |KATA basic subject |Organization |
 |Dojo guidance |Introduction |Report |Record |Collection Guidance |Goods |Gallery |Support |Sponsor |Link |
Record Media Newspaper Magazine News TV Radio
 9)-1 2017年 (平成29年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
(元旦の海岸で気合の入った掛け声とともに突きを繰り出す 今治拳友会の道場生) 「今治拳友会」
寒さ飛ばす気合いの突き
今治の日本拳法道場 海岸で寒稽古

 日本拳法の道場「今治拳友会」は1日早朝、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、5〜55歳の道場生ら33人が寒風吹く海岸で心身を鍛錬した。

 寒さに負けない気力と体力を養おうと2011年から元旦に実施している。参加者は午前6時ごろ真っ暗な海岸に集合し、砂浜をランニング。日の出が近づき、明るくなった午前7時ごろには大人は海に、子どもは波打ち際に移動し、気合の入った掛け声とともに突きを繰り返した。

 毎年参加している日高小学校4年の田村虎太郎君(10)は「寒さに負けないように精いっぱい声を出した。今年出場する全ての大会で優勝したい」と抱負を語った。今治拳友会の村上泰史理事長は「愛媛国体のデモンストレーションスポーツとして8月に市内で日本拳法の交流大会が開かれる。多くの人に日本拳法を親しんでもらいたい」と話した。
(2017(平成29)年1月5日(木)付 愛媛新聞)
 元旦の海岸で気合いの入った掛け声とともに突きを繰り出す今治拳友会の道場生
子どもたちも参加 今治で日本拳法の寒稽古 早朝から33人が心身を鍛錬
 日本拳法の道場「今治拳友会」は1日早朝、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、5〜55歳の道場生ら33人が寒風吹く海岸で心身を鍛錬した。
 寒さに負けない気力と体力を養おうと2011年から元旦に実施している。参加者は午前6時ごろ真っ暗な海岸に集合し、砂浜をランニング。日の出が近づき、明るくなった午前7時ごろには大人は海に、子どもは波打ち際に移動し、気合の入った掛け声とともに突きを繰り返した。

子どもたちも参加 今治で日本拳法の寒稽古| 愛媛新聞ONLINE
(2017(平成29)年 1月1日(日) 愛媛新聞ONLINE)
 8)-2 2016年 (平成28年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 日本拳法総合選手権で入賞した今治拳友会の井手、中川、田村、井出 「今治拳友会」
田村(今治拳友会)4年連続V 大阪 日本拳法総合選手権
  日本拳法総合選手権大会が9月18日、大阪市中央体育館で行われた。今治拳友会で小学4年男子の部に出場した田村虎太郎が4年連続の優勝。2年女子の部の中川はるかが初めて頂点にたった。
 小学5年女子の井出七星が準優勝、小学3年女子の井手虹花が3位に入った。
(2016(平成28)年10月15日(土)付 愛媛新聞)
 8)-1 2016年 (平成28年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 初日の出前の砂浜で稽古に打ち込む今治拳友会の道場生 「今治拳友会」
元旦の誓い拳に込め 今治拳友会 波打ち際で寒稽古
  心身を鍛錬しようと、日本拳法の今治拳友会が1日、今治市東村1丁目の織田が浜で寒稽古を行い、初日の出前から波打ち際で突きや蹴りを繰り出した。

 稽古は、子どもから大人までの道場生ら約30人が午前6時ごろ開始。真っ黒な砂浜をランニングした後、はだしになり、子ども達は「冷たい」と表情をこわばらせながらも、気合いの入った声に合わせ前蹴りなどの練習に励んだ。
 辺りが明るくなった日の出前には大人が海に入り、子どもは波打ち際へ。寒さに耐えながらトレーニングに打ち込んだ。
 初参加の乃万小学校2年井手虹花さん(8)は「砂が冷たく、はだしでの稽古は大変だった。今年は四国大会で優勝して全国へ出場したい」と話していた。  今治拳友会の寒稽古は2011年からの恒例行事。
(2016(平成28)年1月 5日(火)付 愛媛新聞)
 7)-2 2015年 (平成27年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 日本拳法 今治勢3人V 「今治拳友会」
日本拳法 今治勢3人V
日本拳法の世界に今治旋風−。このほど大阪市で日本拳法総合選手権大会が開催され、少年の部で今治拳友会の小中学生3人が優勝した。同会はほかにも準優勝、3位も一人ずつ輩出。子ども達の強さの裏には、チームメート同士高め会う関係があった。
 日本拳法総合選手権大会で優勝した(前列左から)田村君、宮崎さん、佐伯さん。(左後列から)と3位の井出さん、準優勝の古川さん
日本拳法トリプル「金」
 今治拳友会 佐伯さん(12)、宮崎さん(12)、田村君(9)
大阪市でこのほど開催された日本拳法総合選手権大会(日本拳法全国連盟主催)少年の部で、今治市の今治拳友会に所属する市内の小中学生3人が見事優勝を果たした。

小中学年・男女別 全国大会突き蹴り躍動
3人は西中1年佐伯朱音さん(12)、日高小6年宮崎愛子さん(12)、同校3年田村虎太郎君(9)。  日本拳法は防具を着け突きや蹴り、組み技などで勝負を決める。少年の部は突きと蹴りのみで、地区予選を勝ち抜いた336人が出場。小学1年から中学3年まで学年ごとに男女別で実施された。
 宮崎さんは初優勝で「夢みたい」と喜びいっぱい。決勝ではチームメイトの日高小6年古川そらさん(12)と対戦した。お互い手の内を知る相手で難しい試合となったが、得意の面突きで勝利。「試合ではライバルだけど同じ学年のチームメイト5人は一緒に高めあう仲間。みんなでレベルアップしたい」とさらなる精進を誓った。
 佐伯さんは昨年3位の悔しさを晴らすべく強気に攻め、2年ぶり2回目の優勝。2才から競技を始めた田村君は相手を寄せ付けず3連覇を果たした。
 今治拳友会の日高小4年の井出七星さん(10)も3位入賞した。
(2015(平成27)年10月 7日(水)付 愛媛新聞)
 7)-1 2015年 (平成27年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 早朝の砂浜で寒稽古に励む今治拳友会の道場生 「今治拳友会」
早朝の海 突き・蹴り
今治 拳友会30人心身鍛練

 日本拳法の今治拳友会の寒稽古が1日、愛媛県今治市東村1丁目の織田が浜海岸であり、小学生から大人までの道場生約30人が冷たい風の吹く中、力強く突きや蹴りを繰り出し、心と体を鍛錬した。
 寒さに負けない気力と体力を養おうと、2011年から取り組んでいる。今回は香川、岡山、兵庫の3県からも参加した。
 道場生は辺りが真っ暗な午前6時すぎから砂浜をランニング。はだしになって、突きや蹴りの基本動作を繰り返した。
 日の出ごろには、大人が膝付近まで海に入り、子どもは波打ち際に移動。寒さに耐えながら、気合の入った声とともに稽古に打ち込んだ。
 3度目の挑戦という今治市の日高小5年宮崎愛子さん(11)は「道場の練習と違って寒く、気合を入れて練習した。今年は全国大会で決勝に進めるよう頑張りたい」と意気込んでいた。
(2015(平成27)年1月 5日(月)付 愛媛新聞)
 早朝の砂浜で寒稽古に励む今治拳友会の道場生
心と体を鍛錬、海岸で寒稽古 今治
心と体を鍛錬、海岸で寒稽古 今治 | 愛媛新聞ONLINE
(2015(平成27)年 1月2日(金) 愛媛新聞ONLINE)
 6) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 愛媛新聞2014_10
全・日本拳法総合選手権
田村(今治拳友会)連覇男子小2
井出(今治拳友会)初V女子小3

  全・日本拳法総合選手権が9月14日、大阪市中央体育館で行われた。性別や年齢別に男女22部門の個人戦があり、約560人が参加した。
 愛媛勢では今治拳友会の3人が入賞。男子小学2年の部に出場した田村虎太郎が2年連続優勝、女子小学3年の部の井出七星が初優勝を果たした。同6年の佐伯朱音は3位に入った。
(2014(平成26)年10月 4日(土)付 愛媛新聞)
 5) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 愛媛新聞2014_01 愛媛新聞2014_01
 愛媛新聞2014_02 愛媛新聞2014_01
集まれ!キッズ
日本拳法「今治拳友会少年部」今治市

 「エイ、ヤー」と元気な声を出しながら突きや蹴りを繰り出す。今治拳友会(村上泰史理事長)少年部では、幼児から中学生までの35人が週3回の稽古に精を出している。
 日本拳法は日本発祥の格闘技。防具を着けて突きや蹴り、投げ技などで勝敗を決める。大学時代に打ち込んだ村上理事長(52)が地元で広めようと2007年に同会を創設し、08年に県内初の少年部が誕生した。
 稽古は今治西中学校の柔剣道場を借り、1回約1時間半と短いため、村上理事長は「子どもたちが集中できるよう、時間をこまめに区切って一つ一つの技に取り組んでいる」と話す。
 全国大会優勝者を昨年初めて輩出するなど実力も急上昇中。5歳から通う日高小学校4年田村百萌さん(10)は「防具を着けて戦うのが面白い」と目を輝かせる。
(2014(平成26)年 2月 5日(水)付 愛媛新聞)
 4) 2014年 (平成26年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 寒稽古で掛け声に合わせ、突きを繰り出す道場生 「今治拳友会」
波打ち際で寒稽古励む
今治拳友会
30人 日の出前から

 波打ち際で寒稽古励む 今治拳友会 30人 日の出前から  寒稽古で掛け声に合わせ、突きを繰り出す道場生  寒さに負けない気力と体力を養おうと、今治拳友会は1日、今治市東村1丁目の織田が浜海岸で寒稽古をし、小学生から50歳代までの道場生約30人が心身を鍛えた。

 寒稽古は今治拳友会が3年前から実施。1日は日の出前の午前6時すぎ、道場生たちが砂浜を20分ほど走った後、はだしになって稽古を開始。掛け声に合わせ、突きや蹴りなどを繰り出していた。
 東の空が明るくなり始めると、大人たちは海に入り、子どもたちも波打ち際に移動して稽古に励んだ。
 日高小3年宮崎萌子さん(9)は「普段はできない練習なので、足が痛かったけど頑張った。今年は週3回の練習を休まずに行きたい」と目標を語った。
(2014(平成26)年 1月3日(金)付 愛媛新聞)
 3) 2013年 (平成25年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 全・日本拳法総合選手権大会少年の部で優勝した佐伯さん(中央)と田村君(右)、準優勝した井出さん 「今治拳友会」
小学生2拳士 技さえV
日本拳法全国大会で県勢初
今治の佐伯さん・田村君快挙

 全・日本拳法総合選手権大会(日本拳法全国連盟主催)がこのほど大阪市中央体育館で開かれ、今治市立日高小学校の5年佐伯朱音さん(10)と1年田村虎太郎君(7)が少年の部で県勢初の優勝を果たした。
 日本拳法は防具を着け、突きや蹴り、投げなどで勝負する格闘技。少年の部は突きと蹴りで行い、小学1年から中学3年までの学年別に地区予選などを勝ち抜いた317人が出場した。
 県勢の2人は今治拳友会(村上泰史理事長)に所属。佐伯さんは5年女子の部の決勝で、2学年連続で優勝してきた大阪府の選手と対戦。連打と蹴りで激闘を制し「これまでに2回とも負けていた相手だったので勝ちたかった。優勝は信じられない」と喜んだ。
 1年男子の部の田村君は得意の胴突きで全4試合を1本も落とさず栄冠に輝き、「来年も勝てるようにもっと練習したい」と意気盛んだった。
 今治拳友会の選手ではこのほか、同じ日高小の井出七星さん(8)が2年女子の部で準優勝した。村上理事長(51)は「これまでは全国大会に出場することが目標だった。大阪などが強い中、愛媛からも優勝者が出て、ほかの選手の励みになる」と話している。 
(2013(平成25)年 9月26日(木)付 愛媛新聞)
 2) 2010年 (平成22年) 今治拳友会 (Imabari Kenyuukai)
 各自のレベルで汗 日本拳法「今治拳友会」 各自のレベルで汗 日本拳法「今治拳友会」
各自のレベルで汗 日本拳法「今治拳友会」
「突く」「投げる」「極める(関節技)」技を競う、昭和初期に日本で生まれた総合格闘技「日本拳法」。子供から大人まで気軽に参加できる、県内で最も大きな団体が、今治市にある「今治拳友会」だ。格闘技として学ぶ男性、体と心を鍛える幼児、健康志向の女性。週二回、さまざまな目的で道場の貸し倉庫や体育施設に集まり、汗を流す。
4日夜、市内の倉庫に、4才から中学生の男女約20人が集まり、近づく大会に備えて練習に励んだ。胴に防具とグローブを付け、2人一組となって向かい合う。「エイッ、エイッ」と気合に合わせ、突きや蹴りを放つ。女の子の鋭い突きに、男の子がのけぞる。
「古里のため、『人づくりはまちづくり、まちづくりはひとづくり』を、拳法で実践したい」と語る代表の村上泰史さん。
中京大時代は日本拳法部の主将、四段の腕前で、県日本拳法連盟の会長も兼務する。会の発足は07年。ストレッチ代わりに通う母親と一緒に練習するうち、子供たちも熱中して口コミで会員が増え、今では約45人になった。
最年少は田村虎太郎君(4)。練習を始めて2年になる。「突きが楽しい。試合にも勝ちたい」と話す。
村上さんは、日本拳法の魅力を「護身術に適しているとともに、それぞれのレベルで体を動かせて楽しめるところ」と語る。願いは「会員全員が、『やって良かった』と、新たな可能性を見つけてくれること」という。
(2010(平成22)年 5月14日(金)付 毎日新聞(愛媛) あい仲間)
 
 1) 2005年 (平成17年) 松山拳友会 (Matsuyama Kenyuukai)
 [いい汗いい顔]日本拳法「松山拳友会」(松山市)
[いい汗いい顔]日本拳法「松山拳友会」(松山市)
 松山市来住町の建築会社本社にある会議室。毎週水曜夜、社内外から10〜40代の男性十数人が 集う。白い道着に着替え、剣道の面、胴のような防具とグローブをつけ、突き、けり、投げを激しく 繰り広げる。県内唯一という日本拳法のクラブ、松山拳友会の道場だ。
 同会は徳島大学日本拳法部OBの中岡大起社長(45)らが約5年前に設立。今年5月から本格的 に活動を始めた。会員は初心者ばかりだが、陸上自衛隊松山駐屯地に勤務する瀬尾浩さん(43)= 二段=らが熱心に指導。他の武道経験者も多く、全員めきめき上達している。
 森本浩司部長(38)と、10月の徳島県大会無級(白帯)の部で3位になった切詰智彦さん(30)ら社員組は「もっと仲間を増やし、黒帯を取って大会で活躍する」と闘志満々。瀬尾さんも「社外者も迎え入れてくれて感謝している」と語っていた。
(2005(平成17)年11月 9日付 愛媛新聞)

2017 2016 2015 2014 2013 2010
Nippon kempo Ehime Fight Diary
日本拳法 今治拳友会Nippon Kempo Imabari Kenyuukai